同窓会の風景

スポンサードリンク




先日の土曜日、中学校の同窓会があった。

俺たちくらいの歳になると、同窓会が増えてくるような気がする。

高校の同窓会も何年か前に企画されてから、ちょくちょく開催されるようになった。

中学校の同窓会は前にも出席したことがあるのだが、その時はあまり親しい友達がいなかった記憶があって、今回乗り気でなかった。

ただ、同じ高校へ通った友人がかなり前から連絡をくれたこともあって、結局、出席することにした。

まあ、しかし、俺は、昔話はあまり好きではない。

もちろん、幹事も面倒で引き受けたことがない。

ところが、今回は、前回の同窓会とは違っていた。

声を大にしては言えないのだが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初恋の人が現れたのだ。←大声で言ってるし!

さらにテンションが上がったのは、俺がおっさん化している今日この頃にして、彼女は、全然変わらず素敵なのだ。

まあ、彼女は中学の頃から人気者だったわけで、こっちは覚えていても、向こうは忘れているというのが当たり前。

乾杯の掛け声でビールを飲み始めたわけだが、なんと彼女が、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「修くんだよね。小学校のころ、隣の席になったよね」

覚えていてくれたことにも驚きだが、もう、中学生を通り越して小学生までタイムスリップ。

もう感激で、ビールを浴びるように飲んだ。

考えてみれば、中学時代よりも小学時代のほうが、喋ったり遊んだりしていた気がする。

ということで、小学時代の仲間でたまには集まろうという話になった。

彼女は、ご結婚されて関東にいるらしいのだが、たまには帰省するらしく、その時は、懐かしい話でもしましょ、ということらしい。

もちろん、昔話が嫌いな俺は、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「昔話、俺好きだし、連絡する!」←おいおいおい

エネルギーマスターである俺は、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨機応変なのだ!←エネルギー関係ないし!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇佐美 修

プログラミングスクール ゼロワンスタジオを開校。現代の管理教育の中で如何にして自分を見つけるかをテーマにプログラミングを教える。その傍、「ご機嫌な世界」を体験できるとの確信を持つ。現在、プログラミング講師。