引き寄せが叶った小さな事例。

スポンサードリンク




 

アナタのこれまでを振り返ってみてください。

「必要なもの、これが欲しい!」って思ったものは

すべて手に入っていませんか??

 

例えば、先日こんなことがありました。

京都に行くために電車を待っていたんです。

 

特急に乗りたかったので

「人が多いかな?」って思いながら待っていました。

 

でも、「俺は絶対座る。」と、決めて待っていたのです。

 

ホームに入ってきた電車は、立っている人がたくさんいて、

「あ〜座れるかな?でも、俺は座る。笑」と思っていました。

 

ドアが開いて、入っても席は空いてない。

 

「今回は座る必要なかったのかなあ・・・。」って思って、

カバンから、音楽を聴くためにiPhoneを取り出して、イアホンをつけて音楽を聴き始めました。

 

全部の用意が終わり、ふと顔を上げた時です。

 

微妙に空いていた隙間

(時々あるじゃないですか、寄れば人一人座れるくらいの隙間。笑)

 

その隣に座っていた、おじいいちゃんが、

僕の目を見て、ポンポンと座席を叩いたのです。

 

「ここおいで。」

 

そんな感じでした。

 

その知らないおじいちゃんの心配りをすぐに受け取り、

「ありがとうございます」と、一言。

席に座ることができたのです。

 

そのあと、

おじいちゃんに話しかけられることなく、

次の停車駅で、何事もなかったかのように降りて行きました。

 

すごく不思議な感覚だったので、

音楽を聴いて、本を読もうと思っていたんですが、

その不思議な感覚を感じるためなのか、本が読めなくなりました。

 

ぼーっと、その感覚を感じていたのですが・・・。

これはなかなか言語化できないので。

ぜひ経験してみてくださいね!!

 

「座りたい!」

「絶対にそうする」

ということを達成した出来事だったのですが、

それ以上に感じられたのは、「いい経験できたなあ」って思います。

 

 

で、なんだか話が変わってきたのですが。笑

 

本当に必要な経験だから「座りたい」と思ったし、

そのあとのおじいちゃんに出会えたのだと思います。

 

これは、日常どこにでもあることなのです。

 

「座りたい!」

「座れた!」

これを「偶然だ」と思うか。

「自分が引き寄せた」と思うか。

その違いだけなのです。

 

小さいことかもしれませんが、

その小さいことが大事なのです。

 

「小さいことも意図している」と感じることができれば、

その経験を積み重ねることができます。

 

「意図している」

という自分の感覚を信じることができるようになってくると、

どんなことでも、意図して引き寄せることができるようになります。

 

「できた」と感じたら「まだまだ」と、思うのではなく、

「できた!自分ってすごい!」って褒めてください。

 

最初は慣れないと思います。

 

でも、

「自分ってすごい。」とつぶやくだけでも、現実は変わります。

 

傲慢な人になる?

いえ、自分のことを大切にしている人は、傲慢になりません。

自分のことを信じている人は、人のことも信じられます。

 

自分に感謝・尊敬を持っていれば、

人にも感謝・尊敬を持つことができます。

 

だから、まずは自分に対して、

感謝・尊敬を持って褒めることが大事なのです。

 

 

必要なものはすべて手に入りますので。

 

小さいことでいいので、

どんどん始めてみてくださいね〜〜!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です