過去の嫌な記憶を変えるコツ。

先ほどの瞑想の時間ではなく・・・・

夕方ボーっとしていて、ふと、ひらめいたのです。

 

過去の嫌~な記憶。

 

でも、嫌だと捉えている記憶を思い出したとき、それはあくまで結果にすぎないんだ

ということをひらめいたのです。

 

嫌だと思っている記憶って、

単なる「結果」なのです。

 

そして、「嫌だった」とかそういう重い出来事は、

刺激が強いので覚えていることが多いのです。

 

でも、よく思い出してみてください。

全体を考えてみると、楽しかった時間もあったはずです。

 

忘れているだけで、

どこかで楽しい時間を過ごしているはずです。

 

そして、それが案外長いということに気がつけると思います。

 

もちろん、振り返っても、

「嫌だなと思う時間が長い」と思うこともあるとは思います。

 

でも、

嫌なことを思い出すのか、

楽しいことを思い出すのか。

それによって、今のアナタに影響を与えるということです。

 

〈 思考が先、現実があと 〉

 

過去はただの情報でしかない。

 

ただの情報に影響されて、今の自分の感情を揺さぶられても、

それは、今の自分に返って来ます。

どうせ返ってくるんだったら、楽しいことにフォーカスすればいいんじゃない??

って思ったのです。

 

「あの時の結末は・・・。よく嫌なことを思い出すけど、でも、楽しい時間もあったよなあ・・・」

この楽しいことだけを思い出せば、楽しいものに変わるのです。

 

これが、

「過去を変える」

ということになります。

 

アナタの過去の捉え方が変われば、エネルギーが変わります。

過去のエネルギーが変われば、

そこからつながっている今のアナタのエネルギーも変わるのです。

 

今のアナタのエネルギーが変われば、

今、アナタに見えている現実も変わります。

 

これが、過去も他人も変えられるということです。

 

 

「とは言っても自分だけ都合よく考えて、相手に迷惑じゃない??」

 

思い出してください。

アナタの現実はアナタが作るのです。

アナタがどう捉えるかだけなのです。

相手に迷惑かどうかなんて、考える必要はありません。

アナタがどんな現実を望むか??それだけなのです。

 

 

ということで、

過去を思い出すなら、楽しいことを思い出してみてください。

最初は慣れなくて嫌なことも出てくるかもしれませんが、楽しいことは必ず見つかります。

ぜひ、見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です