不機嫌はその人だけの事情。

私は

不機嫌な人に

共振しないでいられるようになりました。

 

というのも、

これまでの私は

不機嫌な人がそばに居ると

意識がそちらへ注目し

 

その不機嫌を理解しようとしてみたり、

解決策を模索してみたり

この状況を何とかしなくては

 

と心も体もカチコチに緊張して、

苦しくなってしまっていました。

 

今は、

不機嫌な人がそこにいても、

へぇ。あなたは不機嫌なのですね。

と、それだけです。

 

もしも

怒りをぶつけて来られることがあっても

なるほど。

あなたの気持ちはそうなのですね。

 

と、そのことに対して慌てずに

 

『でも私は冷静です。』

 

と意識ができます。

 

 

どんな理由であれ、

機嫌が悪いのも

怒っているのも

 

例外なく

誰のせいでもなく

 

全て、

 

その人の事情である。

 

ということが腑に落ちたからです。

 

それがわかると、

周りで何が起きようと

自分の軸からブレないように

意識することができます。

 

時にはブレることがあっても

おぉ、今ブレた!

って気付けます。

 

そのことがわかって

驚くほど

見える世界が変わりました。

 

 

また、

あることに対しての考え方

感じ方

対処の仕方に

人と違いがあっても

どちらが正しいかなどど

ジャッジすることがなくなりました。

 

 

 

そこに居る不機嫌な人は

不機嫌で居ていいし、

ここに居る私は

私のままで居ていい。

 

違いがあるのは当然です。

 

 

 

 

その当たり前に気づいて

自分のことを緊張から

解放してあげられました。

 

 

人のことばかり見ていた自分が

自分に注目し始めると、

自分について観察するのが

とっても楽しくなってきます。

 

私は少し

自分のことを知らなさすぎでした。

 

 

しばらくは

私という人間について

観察することに忙しくて、

 

 

 

退屈することがなさそうです(笑)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木 裕子

本当はもっとのんびりしたい。 もっと楽に楽しく生活したい。 でもどうしたらいいのかわからず模索していたところ、引き寄せの法則に出会う。 それから思考や宇宙のエネルギーなど興味が広がり、ご機嫌に生きる方法を実践できるようになる。