どんなエネルギーに共振したい?

スポンサードリンク




この二日間はバロック時代の音楽の通奏低音講座に参加しました。

通奏低音とは伴奏部分を即興的に弾くことです。(私は伴奏という表現は違うと思うのですが長くなるので省略、知りたい人は調べてね)

きっと、ジャズみたいにいろんなアレンジを楽しんでいたのではないかなと思います。

講座はチェンバロを使います。

チェンバロを体験してみたかったし、楽器としてリコーダーを吹くので通奏低音奏のことは知っておいた方が楽しいと思ったのです。

 

そこでわかったこと

私は

聴くより演奏する方が好き(笑)

 

うまい下手関係なく(笑)

演奏する時の共振が好きなんだぁ~と思いました。

 

たまたま講座の受講生の中にクラシックアコーディオンのプロ奏者の方がいらっしゃいました。

アコーディオン自体は新しい部類の楽器です。バロック時代にはもちろんありませんしクラシックのジャンルでもちょっと珍しい。

なんと講座の中でその方とアンサンブルをさせていただいたのです。

講座の先生もとても柔軟な方で

アコーディオンで通奏低音でやったらどうなるかおもしろいねーーーってなって。

リコーダーとアコーディオンのアンサンブル・・・想像以上にすごく合っていてびっくり!

それを聞いたチェンバロの講座担当の先生が

 

わたしもーーーーはいるーーーーー!!!!

 

と、

リコーダー、アコーディオン、チェンバロのトリオのはじまりはじまり♪

 

するとどうでしょう・・・

私の楽器がいつもより共振して響き始めたのです。私はただ指を動かしているだけ。楽器がこっちだよーーって

その流れに乗るだけでした。

 

 

世間一般で言うと

私は素人、二人はプロ

 

演奏が始まるとそんな価値観は消えていました。

 

そこにいたみんなが共振していました。

 

あ・・・・私と私の楽器だけでない

そこにいる、そこにあるものみんなが喜んでいたんだな

ってわかりました。

 

どんなエネルギーに共振するかどんなエネルギーを出すのか

それによって目の前の現実が違ってきます。

 

自分で選んだこの現実にじわーっと暖かいものを感じました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です