自分の感覚を冒険。「なりたい自分」は日常にあり!

毎日の何気ない日常にこそ、「なりたい自分」になるためのヒントやきっかけがあります。

そしてその日常にあるきっかけは、新しい習い事を始めることでも、新しい習慣を作ることではないと思います。

もっともっと日常のこと。

いつも何気なしに無意識に決めてやっていることたちです。

 

その視点について、私はとある漫画で実際に思うことがああったので、思ったことを書いてみようと思います。

 

「やらない」選択をしたその時の自分の感覚。

ここ最近、『キングダム』という漫画に再びハマっております。2週目のキングダムを満喫中です。

『キングダム』と私との最初の出会いは、相棒に薦められたから。

「ストーリーもおもろいけど、キャラクターとか考え方とかがおもろいよ^^」と。

 

でも最初は私、実は断固として読もうとしなかったんです。

なぜか?

 

この漫画、絵のタッチがなかなか激しいというか、私にとってはちょっと刺激的な描写だったのです。

ストーリーの背景も、始皇帝とかそこらへんの時代(←ちゃんとわかってない笑)の乱世を描いているので、戦いの様子とか血がビャーっとか首がヒュンっとか、そんな絵がいっぱい・・・(・・;)

「怖いからやめとくぅ」

そういって、『キングダム』とは関わらないようにしていました。

 

「やる」選択をした時の感覚。

なんということでしょう、今や「2週目を満喫中。」と言っちゃうくらいのハマりよう。

あの時の私の「怖いからやめとくぅ」は、なんだったのでしょうか。

 

実際に読んでみると、確かに描写は私にとってはなかなかリアルなものばかり。おえ〜〜〜ってなる。

でも、それよりも、ストーリーがホンマにおもろいのです。というか、ストーリーに自分が入り込んでいくと、生々しい描写もなんのその。読みながら自分の頭の中で、漫画のキャラクターたちが生き生きと喋っています。この生き生きさは、きっと作者・原さんのそういった描写のおかげなんでしょうねえ。

 

なんで「やらない」の選択をするのか?

そう思うと、最初の印象でずーっとそのモノをとどめておくのって、なんだかなあって感じです。

読んでみると、やってみると、体験してみると、意外や意外なもんです。

それに、案外、最初の印象が怖かったり嫌だったりと、自分にとって「良くないもの」の方が実はやり手。毎日を生きていくうちに、知らず知らず枠を作っていた自分にはないものだったりする。

そうか、自分にはないものだから、そう言った「良くない」印象が出てくるのかな?

自分にとって新しい知らないものって、やっぱり自然と構えますよね。これってどうなんだろう(ーー;;)みたいな。

完全にそのときの自分の価値観や常識の中で、その得体のしれないものを測ろうとする。測って、「あぁ、こういうやつね」なんて”知った”感覚になって、「怖いからやめとく」って。それでその体験を後回しにしようとする。

「怖い」っていう感覚も、自分の感覚。もちろん、その自分の感覚も大切だと思う。

その感覚を元に読むの?読まないの?どっちなの?んー、読まない!って決める。これはこれで、いいと思う。

でも、その感覚のまんまの自分でずーっといること。その状態って、「自分で勝手に決めつけている」っていう状態になるのかもしれないなあ。今までの価値観で決めつけている。つまり、常識に囚われているような状態と同じ。

よく親に、「決めつけんといてよ!」なんて言っていたけど、実は自分自身がやっていたんだよなあ。

親は私に対して、私は『キングダム』に対して。

 

「なりたい自分」になるって、どういう意味?

自分の感覚にしたがって、自分で判断する。そして、その「自分の判断」を越えていくことが、次の自分の変化に繋がっていくのかなあ。この「次の自分」っていうのも、「進化」とか「新しい自分」とか「なりたい自分」とか、自分が今までよりも大きくなっていく・変化していくっていうよりも、

もっと、自由に生きること

なんじゃないかなあ。

なんていうことを、私は漫画『キングダム』との出会いから感じました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうちゃん

20代後半を生きているレディ。大学を卒業後、某ホテルレストランでサービスマンとして勤務。その後、「自分のやりたいことを見つける」ために退職。自営業の相棒とともに生活を始める。プライベートと仕事が融合した時間をともに過ごし、今までの価値観や自分のエネルギー状態を見直す。今までにない「ラクな自分」で存在することができるようになった!このラクさがやめられない。