確実にカフェを開業する小さなステップ集。

 

「コーヒーが好きだから、カフェをしたい。」と思っても、

カフェを運営したことがなければ、どうすればいいのかわかりません。

 

「カフェを開く」というのが自分のイメージ出来る範囲にないからです。

 

開業資金はいくらで、

家賃はいくらで・・・

こんなことしてうまくいくのか???

まさにこれが不安ですよね。

 

そこに根拠のない自信があればできますが、なかなか難しいと思います。

 

アクセル踏みたいのに、ブレーキを踏んでいる状態なので、

エネルギーも奪われてしまいます。

 

今まではどちらかというと、そういう傾向がありました。

『サラリーマンを辞めて一大発起!!』みたいな。

それができるかどうかは、その人のタイプによって変わるんですが、

それよりももっと確実に進める道があるのです。

 

例えば、お店を出したいとしましょう。

「カフェがしたい。」

 

そこで、今すぐできることを考えるのです。

ビジネス(お金をいただく)ことを考える必要はありません。

「カフェがしたい。」

「美味しいコーヒーを作りたい。」

「じゃあ、美味しいコーヒーを作ろう。」

「そもそもコーヒーのルーツはどこ??」

「どこの豆がおいしんだろうか・・・」

興味を持ったことを調べていくのです。

 

次に、豆を買う。

コーヒーを入れてみる。

というステージに変わります。

 

入れてみたら、もっと美味しくなると思った。

だから、水の量を変えてみた。

コーヒーカップの種類を変えてみた。

水は常温がいいのか、冷水がいいのか、お湯がいいのか、

試行錯誤の結果、最高の一杯ができた。

 

次は、誰かに飲んで欲しい。

まずは、家族。友達、親戚。友達の友達。

家で飲んでもらうのです。

 

すると、反応が見られます。

「ミルクならこっちかな。」

「私は、この豆の方が好き。」

「エスプレッソもいいね。」

これ、まさしく市場調査です。笑

そこでまた改良していきます。

 

また同じ友達に飲んでもらって、意見をもらう。

すると、ある傾向に気づくのです・・・

みたいな。笑

 

そしたら、こんなことを言われるかもしれません。

「お店出せばいいんじゃない??」と。

「いやいや、そんな私なんて・・・」

 

別の友達にも言われます。「お店出さないの??」

また家族にも言われます。「お店みたいな味だね。」

 

そうなれば、もうお店を出す思考が始まっていると思います。笑

 

いくらぐらいするんだろう??

場所はここがいいなかな??

 

そうなったら、不安からくるブレーキは存在しません。

 

ということは、できるということです。

 

 

ざっくりとですが、こうやってできるようになります。

 

なんだか出来そうな気がしてきませんか???笑

 

出来そうな気がする。

これが大事なのです。

 

〈 思考が先、現実があと 〉

できると思えば、できるのです。

 

小さな波。

 

「それは、今自分のできると思うことをする。」ということです。

それを積み重ねていけば、

「不安」というブレーキを踏むことなく、やりたいことができるようになります。

 

今の現状でできない理由をよく探しますが、そうではないのです。

できることをするのです。

できることをすれば、道は開けていきます。

それは、すごく小さなことでも構いません。

今できることを探してみてくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です