本当にできるようになるための暗示について。

スポンサードリンク




 

この、「できる!」という言葉、

非常に大きな力を持っています。

 

例えば、

「この重たい荷物持って行くの、大変だなあ・・・」という思考をしたとします。

すると、荷物は重たくなるのです。笑

「嘘だ〜!」って思うかもしれませんが、

 

〈 思考が先、現実があと 〉なので、思考したものが現実になります。

 

だから、

「荷物は重たい」という思考をすれば、

荷物は重たくなるのです。

 

ここで、その「重たい」という思考をキャンセルします。

「この重たい荷物、運べる!」と。

できる思考に変えるのです。

 

慣れていないと、「できない」が先に来てしまうので、できなくなってしまいます。

 

コツは、自分が「できないなあ」って思う前に

「できる!」と、呟くのです。

感覚的には、思った瞬間です。時間にすると、0.5秒くらいでしょうか。笑

「重い荷物・・できる!!」くらいの感じです。

「こういう話なんだけ・・・できる!!」みたいな感じです。笑

 

どうしても、「できる・できない」の視点を持っているので、

頭(マインド)で考え出すと、できない方に思考が流れてしまいます。

 

「できない!」って宣言してしまうと、

できないところばかりに目が行くので、結果、できないのです。

 

荷物が重いのであれば、

「私は筋肉が少ないから」

「私、昨日帰りが遅かったから」

「疲れているから」などなど。

そちらに目が向いてしまいます。

 

 

小さいことかもしれませんが、

そこで「できない!」と思考する(宣言する)と、

どんなことも「できない」という思考の流れになってしまいます。

 

思考の癖は、

そういう日常にありがちなところから付いていくものです。

 

気をつけてみてくださいね。

 

 

じゃあ、本当に重たい荷物を運びたくないときはどうすればいいのか??笑

 

まずは、「できる(運べる)!」と宣言します。

 

そして、「できるけど、気分じゃないから、〇〇に頼もう。」

「できるけど。」

これが、重要です!!

 

最初から「できない」と宣言してしまっては、できない現実を作ってしまいます。

でも、「できるけどやらない」にすれば、できる現実が現れます。

これは、荷物を運ぶ以外にも当てはまります。

 

商品を買うときに、値段を見ますよね。

「高い!」

「安い!」

って思うじゃないですか。

 

「高い!買えない・・・」とすると、

「私は、高いものが買えません。」という宣言になります。

 

逆に

「安い!今日はこれを買おう!」とすると、

「私は、安いものしか買えません。」という宣言になります。

 

だから、これも、最初に

「いつでも買えるけど、今日はやめとく」という言葉をつけるのです。

 

(高いものを見て)

「いつでも買えるけど、今日はやめとく」と自分の中で言えばいいのです。

 

そうすると、反射的に「高い!」と思わなくなります。

そして、そのうち買えるようになります。笑

 

安い場合、安いからこれを買うのではなく、

「私はこれが欲しいから買う」と、宣言し直してみてください。

 

気づいたところから変えていってみてくださいね〜〜♪

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です