人は変われる。

スポンサードリンク




こんにちは。鈴木です。

 

私には中学の息子と娘がおります。

一人目の息子へは

思い入れが強いというか

子育てについて全てがはじめてのことばかりなので

しつけや勉強や学校行事など

ひとつひとつ全力で干渉してきました(笑)

 

 

中学生になってすぐの頃、

定期テスト目前だというのに

ゲームばかりしていて

いつまでたっても勉強をしないので

問いかけました。

 

勉強しなくていいの?

将来どうなりたいとか、ないの?

 

息子

何もない。

何もやる気が起こらないし、

何も楽しいと思えることがない。

だから将来のこととか何も考えられない。

どうせ自分には何もできない。

 

この時の、

何も楽しいと思えることがない。

とは、

ゲーム以外に

という意味ですね。(笑)

そんなことを言っていました。

 

時が流れて、

つい先日、

 

私立高校の試験の合格通知が

ネット発表のみで

発表の時間が私はまだ仕事中だったため、

 

合格通知どうする?

私緊張して一人で見られないかも。

 

息子

結果なんてどうでもいい。

 

え…?どうでもいいの?

(あっけにとられている)

 

息子

どこの学校に行こうが

大事なのは自分がどうあるかでしょ。

 

息子からそんな言葉が出てくることに

驚きすぎて言葉を失っていると、

 

言葉の意味が私に伝わっていないなと感じたようで、

 

もういいわ。

 

と呆れた様子でした。

 

つい数年前、

将来について希望が持てない。

何もわからないし考えられない。

そう言っていたのに、

今はしっかりとした自分の考えを

持っているように感じます。

 

最近は話す内容が大人びていて

私のことにも意見をしたり

相談に乗っている風を気取ったりしています。

 

 

子どもは数年で驚くほど変わるということを

教えてもらいました。

 

 

 

息子も別人のように変わりましたが、

私も過干渉の母親を辞めて

別人になれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ私も変われる(笑)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木 裕子

本当はもっとのんびりしたい。 もっと楽に楽しく生活したい。 でもどうしたらいいのかわからず模索していたところ、引き寄せの法則に出会う。 それから思考や宇宙のエネルギーなど興味が広がり、ご機嫌に生きる方法を実践できるようになる。