何かをするときの感覚

スポンサードリンク




こんにちは、ともこです。

水曜日がお休みになってまだ慣れていません。

 

昨夜は

明日休みだよな??午後からいつものチェロのレッスンなので

午前中何しよう・・・何かしなくちゃ・・・・練習??

いや・・・・

 

マインドがちらちら働いておりました(笑)

 

朝、起きる直前に

掃除の夢

 

そこか???

素直に従うわたし

 

寝室と自分の練習部屋を大掃除しました。(私にとっては大掃除(笑))

そのとき、なんと一生懸命に力を入れてやっているのだろう・・・・

と気づきました。それもありなんですよ。でも身体が極度に疲れてきます。

 

そう、同じことをやっても

のんびり楽しくやればいいやんと切り替えたら(やっていることは同じです)

あっという間にすっきり

 

ベッドを動かしたので筋肉のだるさはあっても気分もすっきり

アイスコーヒーをいれ

ほーっとしたら

義実家から持って帰ってきた枯れかけていたアジサイの鉢植えが気になります。

 

庭に地植えをしようと思っているのですが、それはちょっとやる気にならず

小さい鉢でしんどそうだったので大きい鉢にだけ植え替えました。

何気ない日常です。

でも

やっているときの

エネルギーが違うのです。

 

 

何で焦ってやっているの?

しなければならないっていう感覚は何で必要なの?

 

ここに疑問を持ってみる

 

 

 

のんびりしても焦ってしても

終わる時間はかわりません・・・いや

のんびりのほうが時間としては短くなる・・・・・・・

 

 

はず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(笑)

 

いつものことが楽しくできますよ。

日常の動作での

自分の感覚を観察してみてください。きっとわかります。

 

 

 

 

 

しらんけど・・・・・・

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です