感情から思考し行動してみると楽しくなれる。

スポンサードリンク




 

出したもの????

返ってくる???

どういうこった???笑

 

まず、

自分が出したものは、すべて返ってきます。

 

例えば、

家族と喧嘩をしたら、対立の波ができます。

対立の波が出来ると、その波が現実を作っていきます。

 

そのままの状態で、別の部屋に行っても、別の誰かと喧嘩をすることになるのです。

 

それは、自分の出している波が対立だからです。

 

対立のエネルギーを感じた周りの人は、そのエネルギーに共振します。

だから、別の人でも喧嘩が起こるのです。

 

逆に、とてもご機嫌なことがあって、アナタがご機嫌で居るときは、

ご機嫌の波を出しています。

 

だから、その波に周りの人が共振していくので、見える世界はご機嫌で楽しいものになるのです。

 

すごくシンプルだということがわかります。

 

対立を出せば、対立が返ってくるし、

ご機嫌を出せば、ご機嫌が返って来ます。

 

 

ということは、

対立を感じて、それが嫌だと思ったら、

ご機嫌の波を作れば、ご機嫌の世界を体験できるのです。

 

いくら周りから影響を受けても、

そこに共振することなく、自分の出したい波を出すことが出来れば、

周りの影響を受けないのです。

 

これが「自分の出しているものが返ってくる」ということです。

 

だからこそ、見たい現実があるなら、

自分がどの現実を見たいのか??をはっきりさせて、

その波を自分が出せばいいということになるのです。

 

楽しい世界を見たいのであれば、楽しいことをしてみてください。

 

 

そして、

波を作るときに大切なのは、感情です。

 

どんな感情を持って波を作るのか。

それが大切です。

 

「楽しい~!」と言葉で言いながら、感情は「怒り」を感じていれば、

見える世界は「怒り」の世界です。

 

だからこそ、

アナタが普段出している感情はどういったものでしょうか???

それを確かめてみてください。

 

普段です。

買い物をするとき、

料理をするとき、

トイレをしているとき、

リビングにいるとき、

すべて、気がついたときにやってみてください。

 

どんなときも、自分から波は出ています。

自分が何を出しているのか気づくだけで、現実は大きく変わります。

 

『 普段どんな感情で生きているのか。 』

それを意識するだけで、出すものを選ぶことができるようになります。

出す感情を選ぶことができれば、出来る波は変わります。

波が変わるということは、現実が変わるということです。

 

ぜひ、感情を見ることをやってみてくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です