うまくいかないイライラを感じた時の対処法。

スポンサードリンク




 

共通点を見つけてみてください。

うまくいったことも、

うまくいかなかったことも。

 

楽しかったことも、

つまらなかったことも。

 

一見、全然違う分野に思えても、すべてに何か共通点があります。

 

その共通点を見つけることを、「抽象化」とも言えます。

共通点を見つけるからこそ、自分の中が見えてきます。

 

 

自分の中が変わらなければ、同じ現実を繰り返します。

そして、「同じ」というのは、同じ出来事とは限らないのです。

むしろ、違う出来事として現れてきます。

 

例えば、

家族と喧嘩した原因が、仕事場での揉め事と同じ原因だった。

ということもあり得るのです。

 

「仕事と家庭は別」というのは、無理です。

アナタは1人です。

仕事だろうが、家族だろうが、同じ人が体験していることなのです。

 

だから、

一見、起こった現実が違って見えても、

原因は同じということがあります。

 

 

もしアナタが

「なんとなく、同じような感覚が続いてるなあ・・・(やたら乱暴な運転の車に合うとか??笑)」

と思ったら、アナタがどんな状態なのかを確かめてください。

 

そうすれば、

共通点が見えてきて、原因が見えてきます。

 

そして原因がわかれば、

それにスポットライトを当てて、手放せばいいのです。

「ああ、私、ここにこんな感情があったんだ」と、その時の感情を感じ切ってみてください。

 

ただし、

重い感情は引っ張る力が強いので、覚悟がいります。

 

「手放す!」

と、強く覚悟を決めてください。

そうすれば、昇華することができます。

 

何度も感情が出てくるかもしれませんが、

出てくるたびに昇華していってみてください。

 

気がつけば、感情に振り回されなくなります。

 

感情に振り回されなくなると、

自分の感じていることをただただ感じることもできるようになります。

 

すると、我慢することなく感情を感じ切る事ができるようになります。

感情は感じ切る事ができれば、自分の中に残りません。

誰かにぶつける必要もありません。

 

だから、喧嘩をすることもなくなっていきます。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です