感情を消す方法を探しても楽しくなれないワケ。

スポンサードリンク




 

僕は過去、感情に飲まれて、散々な経験をしてきました。笑

 

・感情に任せて放った一言でパートナーを傷つけてしまったり、、、

・自分が正しくない、否定されると思い、怒ってみたり、、、

・自分の中にあった重たい感情が、自分の中を苦しめて、人間不信になったり、、、

 

重たい言葉が並ぶのでこのくらいにして、いろんなことがありました。

 

それらが、すべて自分が原因だと腑に落ちるのも時間がかかりました。

 

だって、自分の中に原因があるって言われたら、

「自分が全部悪くて、相手は何も悪くない・・・ということは、自分のこと全否定!?」

って思っちゃいますもん。笑

 

今だったら、そんなことはないと思いますが、

ご機嫌に生きる方法を知ったときには、

「え・・・全部逆じゃん・・・」って思いましたね。笑

 

全部自分の中が原因だと情報として知ってみると、

それを試すかのように、自分の目の前の出来事が起こります。

 

例えば、パートナーとの間で嫌な空気が流れたとき・・・

今までだったら、感情が先に出てきて、その感情のまま言葉で伝えて喧嘩・・・

ということがありましたが、

 

嫌な空気が流れても、まずは自分の中を確認するようにしました。

 

自分はなぜ、今感じている感情を感じているんだ?

どこからその感情を感じるきっかけを得たんだ?

何が自分の感情が出ているスイッチになっている?

 

そして、

自分が何が嫌で、どうしたかったのか??を感じきります。

 

そのあと、パートナーに冷静に

「これが嫌だったから、こうしてくれませんか?」と、提案をします。

その提案をどうするかは、相手と考える必要があります。

 

そのためには、話し合う必要が出てきますよね。

感情に飲まれて話し合うことができませんが、冷静にいられると、話し合うことができます。

相手も冷静に言葉を聞いてくれるので、解決策が見つかるのです。

 

そんなときにいつも思います。

 

自分の状態を感じ、

自分の中を整えることは大切なのだと。

 

自分の中が、感情に満たされて、何が欲しくて、どうしたいのかが明確でない時には、何をしてもうまくいかないんです。

 

それがわかった時、

僕は、感情に飲まれるのではなく、感情を感じ、サーフィンのようにその波を乗ることが楽しくなりました。

 

感情を押さえ込もうとか、

コントロールするよりも、

その感情自体を楽しむことができれば、すごく楽になります。

 

感情を抑え込むのは、無理ですから。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です