ご機嫌になれるお金の使い方。

スポンサードリンク




 

お金を使うということは、

自分の意識をそこに流すということとも言えます。

 

意識を流すということは、

そこに現実を作ることになります。

 

そういう意味では、お金というツールはわかりやすいですよね。

 

例えば、

パソコンが欲しいと思って、電気屋さんに行って、「これください」とパソコンを買えば、パソコンが現実に現れます。

これも立派な思考の現実化なのです。

 

だからこそ、自分のエネルギーをどこに流すのか。

 

それこそ、パソコンを買うにしても、

すごく欲しくてワクワクした状態で買うのと、

仕事のためにどうしても必要だから・・・と思って買うのとでは、そのあとの気分が違いますよね。笑

 

気分が違うということは、

意識が違うということです。

意識が違うということは、見ようとする景色が変わります。

 

そこで1つ、お聞きしたいことがあります。

生活費をどういう感情で使っていますか???

 

お金を流す先は、自分の意識を流す先だとしたら、

普段何気なく使っている”生活費”って、ずっと意識を流し続ける場所なのです。

 

 

その生活費をどういう感情で使っているか。

それを感じてみてください。

 

例えば、

我慢して使っていれば、我慢の回路が開いて、我慢しなければいけない現実を見ることになります。

 

逆に、自分の1番を選んで使っていれば、

いつもでも気持ちよく1番を選ぶことができるのです。

 

だから自然とご機嫌な感情が自分を包み込んでいきます。

 

それをわかった上で、

どう判断するのか。

どちらを選ぶのか。

それは個人の自由です。

 

でも、すごく小さなこと・・・たった100円の差でも、

自分が1番だと思っていないものを買うことと、

1番を買うことは、そのあとが全然違います。

 

すごくご機嫌でいられるか。

なんとなく生きれるか。

その違いを感じられます。

 

それをぜひ生活費で試してみてください。

 

そういうことは、生活費だからこそ試しやすいと思います。

毎日何気なくしていることなので。

 

意識を向ける先が変わるだけでも楽しいですよ^^

 

何気なくしていることも、自分の意識の中に持ってきて、

それを「選んだ」ことを感じてみると、毎日が変わります。

 

もちろん、安く買うことがダメなのではありません。

我慢して買うことが、自分に影響があるのです。

それは間違えないでくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です