現実が楽しくなる言葉の使い方。

スポンサードリンク




 

「こうなりたい」

「ああなりたい」

そう思いがちです。

 

でも、

「こうなりたい。」

「ああなりたい。」というのは、

「こうなりたい」と思う現実や、

「ああなりたい」と思う現実を作ります。

 

つまり、

叶わない現実を作ることになるのです。

だから、叶いません。笑

 

 

じゃあ、どうすればいいのか??

言い切ればいいのです。

 

「こうなりました。」

「ああなりました。」

 

言い切っちゃえばいいのです。

 

「私は、これができるようになりました。」

そう宣言すれば、

実現するためのツールやアイディアが湧いてきます。

あとはそれらを実行していけば、

勝手に自分が思い描いたところを進んでいく事ができます。

 

もちろん、ただ

「私はできました。」と言い切って、何も行動しなければ辿り着けません。

 

そして、

本当にそうなりたいと思っていることは、

「行動しなくちゃ!」って思わなくても行動できています。

 

だから、

やりたいことは、宣言してやっちゃえばいいのです。

 

「こうなりたい!」というのをやめてみてください。

 

断言していいのです。

自分の現実は自分で作れるのですから。

 

もし、周りの人に何か言われても気にすることはありません。

 

何か言われたら、

アナタの中を問われていると思ってください。

 

そこで揺れるようなら、

本当にやりたいかどうかを考え直すのも1つです。

 

 

どんどん言い切ってください。

そうすれば面白くなっていきます。

 

「できた気になった。」

これはすごく大事な感覚です。

大切にしてみてください。

 

そして、できた現実を体験して、自分が体験したい現実を作ってみてください。

小さな体験を積み重ねていけば、言葉をどう使えば、自分の欲しい現実を手に入れる事ができるのか?という事がだんだんわかってきます。

 

最初は半信半疑でも、やってみると案外難しくない事もわかるのです。

 

「できるかな〜?」から、

「できました」に変える。

 

そんな小さなところでも、気分は大きく変わりますよ。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です