思考停止を改善するには「わからない」という口癖をやめてみると効果的。

スポンサードリンク




 

何か物事を考えている時、何か思った時、

「わからない」

という言葉を使わないでみてください。

 

「わからない」と言うと、脳は思考停止状態になります。

 

そうすると、そんなに難しいことでもないのに

「わからない」

と判断し、それ以上考えなくなり、改善していくことができません。

 

 

わからないと思ったら、

わからない部分をピックアップして聞いてみてください。

めんどくさい人になってみてください。笑

 

「何で??」

「どうして??」

自分が腑に落ちなければ聞いてみてください。

 

ただ、漠然と質問を投げかけても相手が困ります。

「どこがわからないのか?」

「何が自分はわからないのか?」

を明確にしてから、質問してみてください。

 

まずは、自分で考えてみる。

自分で調べてみる。

それらはとても大事なことです。

 

 

わかりにくいことって、

実はわざと難しくしていることもあります。

 

わざとわかりにくくしていると、

相手が考えないということを知っているからです。

「考えるのめんどくさいから、これでいいよ。」

そうなってしまうのです。

 

果たして、それで我慢しない現実は作れるのでしょうか??

 

「No!」と言うことで、自分の現実は変わります。

我慢しない現実、わからない現実から抜け出せることができるのです。

 

「でも、小さなことで少しの我慢をすれば、その場がやり過ごせる。」

そう思いますか??

 

ここでは、何度もお伝えしていますが、

〈 思考が先、現実があと 〉なのです。

 

小さなことであっても、大きなことであっても、

アナタの現実に与える影響は変わりません。

小さなことの積み重ねが、今の日常の現実を作っています。

 

「ちょっとの我慢」

それが、「大きな我慢」を引き寄せていくのです。

 

その場をやり過ごせたとしても、

相手が我慢しているアナタに気がつかなくても、

アナタはアナタの本当の気持ちを知っています。

 

 

わからなければ、自分で考えてみてください。

調べてみてください。

 

そして、

それでもわからなければ、聞いてみてください。

 

「わからない」

という言葉を使わないだけでも、思考は変わります。

 

「わからない」が出てきたら

キャンセルして、考えてみてください。

考えることが出来れば、答えは導き出せますよ~!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です