体の反応を感じる。

スポンサードリンク




生きていると、毎日のように「どっちがいいの?」と、問われることがあります。

 

例えば、

カツ丼が良いのか・・・・

天丼が良いのか・・・

はたまた、そばをつけるのか・・・・笑

 

なんで食べ物なのか?

ただ、想像しやすいかなって思ったのです。笑

 

食べ物だけではないんですが、ホント毎日のように「選ぶ」というタイミングがやってきます。

 

そこでどのような思考の元、どう判断をしているのかが、

自分の現実と大きく関わっているのです。

 

「どのような思考の元?」とは、なにか??

 

たとえば、

「天丼が食べたいな」って思ったとします。

 

「今日は天丼の気分だ、天丼をたべるぞー! 」

お店に入って、メニューを開きました。

 

『天丼・・・1500円』

その下にふとこんなことが書かれてありました。

『カツ丼・・・☆超特価☆600円』

(あくまで仮定です。笑)

 

こんなとき、アナタはどちらを選びますか?

 

ここで、どのように考えているのか?が面白いポイントです。

 

「カツ丼600円、安いな。カツ丼にしよ。」なのか、

「カツ丼もいいなあ、でも、天丼にする」なのか、

「天丼!」なのか、

「カツ丼!(気分が変わった)」 なのか。

 

例えば、

” 安いからカツ丼にする。 ”

この思考は、条件を踏まえて考えています。

「安いから」というキーワードがそれを選んでいる原因になります。

 

つまり、

そのキーワードで起こした行動を言い換えると

「私は安いものしか買えません。」

と、自分に宣言しているのです。

 

それは、どういうことか???

 

安いものしか買えない現実を引き寄せていきます。

 

または、「天丼1500円かあ、高いな・・・カツ丼にしよ。」

 

これも、

” 天丼が「高いから」買えない。 ”

 

言い換えると、

「私はお金がありません。」

という宣言になります。

 

思考は現実化しますので、その宣言を現実化します。

 

つまり、安いものしか買えなくなる(ない現実を引き寄せる)のです。

 

 

じゃあ、どうすれば良いのか。

 

素直に食べたいものを食べてください。笑

 

そうすれば、自分の満足のいく体験ができます。

 

今が満足できていれば、次の現実も満足いくものになります。

ずっと満足いく現実が続くのです。

 

「そんなことは言ってもおおおお・・・・」

 

それでも迷うときはあると思います。

 

「食べ物はそうやって決めれても、人に誘われたらねえ・・そんなことも言ってられない。」

 

そうではないのです。人から誘われても同じです。

行きたくなければ、行かなければいいのです。

 

そこで、迷った。

自分の気持ちがどっちかわからない。

 

そこで登場するのが、自分の体です。

 

体??????

 

人から誘われました。

そのときのアナタの体の反応を感じてみてください。

 

楽しい

気持ちいい

心地いい

と感じたら、行きたいと思っているかもしれません。

 

反対に、

気持ちが悪い

緊張する

と感じたら、行きたくないと思っているかもしれません。

 

気持ちが悪い・緊張するのに行こうとしているときは、マインドが働いているのです。

 

「この人の誘いを断ったら、仕事がなくなる。」

「関係が悪くなる。」など。

マインドの損得勘定が働いてしまうのです。

 

これは我慢することになるので、我慢する現実を引き寄せます。

 

「ちょっとぐらい・・・」

このちょっとがだんだんと大きくなって、耐えられなくなってくるのです。

 

「ちょっとぐらい」

エネルギーは判断しないので、大きい小さいはないのです。

 

だから、

ちょっとでも我慢は我慢であり、

そのあとは、我慢の現実になるのです。

 

 

判断に迷ったら、

自分はどうしたいのか??

 

そして、

体はどう反応しているのか??

 

それを確かめてください。

 

自分のハート・本音を翻訳してくれているのが、体の反応なのです。

 

それを感じれるようになれば、自分が本当に望んでいることがわかってきます。

 

自分の望んでいることを選べば、自分が望む現実が続きます。

 

あとは、その体の反応を信じれるかどうかです。

 

今までは、それを押し殺してきている方もいるので、どうしてもできないということがあります。

 

でも、大丈夫です。

 

アナタが本当に「そうしたい」と思ったことはうまくいきます。

 

自分のハートがわからないのであれば、体の反応だけでも確かめてみてくださいね。

 

ちなみに、

行ってみて疲れている状態(やりきった!や、楽しかった!って思える疲れではなく)は、

アナタにとって疲れることなので、望んでいない現実の可能性が高いですよ〜〜。

 

身体は、すごく正直に反応してくれます^^

 

だからこそ、感じてみてくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です