日常をごきげんにするためには

スポンサードリンク




ごきげんという言葉に皆さんはどのような状態を思い浮かべますか?

 

私ははじめ、無意識に非日常にごきげんを求めていました。

まあそうなるように教えられてきたのですけどね。

ふっと、このような人が多いのでは?と思いました。

 

今日頑張れば,

明日は休みーーーあれやってこれやって、、、、、

お友達とランチ、日常を忘れてーーー

みたいに

 

日常を忘れてのランチのはずが日常のグチになる(笑)

 

 

よく考えてみると人生って日常ですよね。

 

それに気が付いたとき、もう一人で大笑いしていました。

 

なので無意識にやっていることがごきげんになれば

あらあら不思議

日常は自然とごきげんになっていくのです。

 

そしてランチをしても、もちろんごきげんです。

この仕組みに気が付くと毎日ごきげんを探すのが楽しみになってきます。

 

ある日のこと、

私の相方はとても物を大切にする人です。一方、私はガサツ(笑)

お風呂のシャワーを高い方に引っ掛けておいてほしいといわれています。

低いところだとホースの部分が曲がった状態で傷みやすいからという理由です。(理由は納得できます)

 

だけど、私は背が低いのでとても面倒です。

面倒だなと思っている時点でごきげんではありません。でも言われたとおりにしていました。

 

ある時、お風呂のお掃除の後にシャワーを上に引っ掛ける動作に入ろうとした瞬間、

やっぱりごきげんはこっち!

 

と思い、低い方に引っ掛けました。

 

そのあとです。

お風呂の栓を占め、ふたをして、予約をして、

 

最後にすーっとシャワーに手が伸び、高い方に引っ掛けました。

 

あれ??

 

できてる、、、、、、

 

そう!行動の順番を変えただけですが、

やらなくちゃもなくなり自分もごきげん、相方もごきげん

 

 

なんか微妙に引っかかった時は、ちいさなごきげんを優先してみてください。

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です