思考の癖を変える!〜「やならきゃ損する」〜

スポンサードリンク




よく、

「やらなきゃ損!」

という言葉を耳にすると思いますが、、、

 

 

それとはちょっと違います。

 

やらなきゃ損!という思考は、そもそもが損得勘定なのです。

 

この言葉で行動を起こすとなると、

「やらないと損してしまう・・・だからやろう」

という思考から行動を起こします。

 

これを文字通りに現実化してみてください。

やらないと損をする

という思考が行動を起こす原因になっていますよね。

 

ということは、

損したくないからやろう

となります。

 

損したくないということは・・・・不安からきている言葉なのです。

 

ということは、

「やらなきゃ損!」というのは不安から行動していることになります。

 

ということは、不安の現実を創ることになるのです。笑

 

だから、「やらなきゃ損!」という思考の癖を変えてみてください。

 

「やったら損をすることはない」

どんな都合のいいことも、都合の悪いことも、やったら何かしらの体験を得られます。

(もちろん、やりたくない!と思ったことを無理にする必要はありません)

 

「やりたい!」「行きたい!」と

目の前に現れた現実を見て瞬間的に思ったとします。

 

でも、次の瞬間は・・

値段を見てマインドが騒ぎます。

「この金額を払ったら・・・・・・ああだこうだ・・・」

距離を考えてマインドが騒ぎます。

「物理的に遠いぞ・・・・どうのこうの・・・」

時間がないとマインドが騒ぎます。

「そこに時間をかけて、自分が思っていないものだったら・・・・・」

自信がないとマインドが騒ぎます。

「自分にはそれを受け取れないのかも・・・・」

いろいろマインドが騒いで、出来ない理由を並べていきます。

 

そこで、思考を変えるためのポイントとして

何を信じて行動するかが大事になります。

 

マインドを信じるのか。

最初の感覚を信じるのか。

 

どちらを信じたとしても、

「やる」と決めてやってみれば、新しい経験はできるのです。

 

「やる」と決めて選択した結果、どうなったのか??を体験することが出来ます。

それを何度もやってみるからこそ、自分なりの感覚で判断できるようになっていくのです。

 

この感覚で動いてみたらうまくいった。

この感覚は動かないほうがいい。

 

そうやって、感覚を使えるようになっていきます。

自分にとって都合の悪いなと思ったことも、

それを選択したときの状態を思い出せば、次に活かせるのです。

 

それを積み重ねるから、自分なりの世界を創っていくことが出来ます。

 

「やりたい!」と最初に思ったら、やってみてください。

 

選択した後は不安になるかもしれません。

でも、その不安もいい経験なのです。

(慣れてくると不安はなくなります)

 

やったら損をすることはありません。

損したと思うか、いい経験が出来た!と思えるか、この違いだけですよ^^

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です