同じ状況が起きても、、、、自分が違うと

先日の出勤

駅は落ち着いています。

 

あっ、私が落ち着いているだけかぁ。

思考が先、現実が後です。

シンプルです。

 

 

駅の椅子に座っていたら

杖をついた男性が近づいてきました。

椅子は満席、

自分が座れて当たり前~の少しグイグイ来るエネルギーで硬い表情です(笑)

思わず、すっと立って

アイコンタクトで「どうぞ」って心で言いました。

とすると

 

男性の表情が一変しました。

柔らかくなったのです。

そして、ペコっと頭を下げられました。ちょっとかわいかったです(笑)

 

おおーーよかったーー(^^)/

 

その男性に共振して義務感で変わっていたら男性の表情は「当たり前」のままだったでしょう。

その男性に対して私は引きませんでした(笑)

穏やかを選びました。

 

実はその男性

 

以前にも同じことがありました。

その時の私は

当たり前だーーオーラが嫌でそれに反応して

譲りました(笑)

 

なので、当たり前だーと言わんばかりに座り、挨拶もなしでした。

 

やはりその状態は

私のごきげんではありませんでした。

 

 

今回また同じ場面がくるとは思っていませんでした。

とっさではあるけれど、穏やかに席を譲れました。気持ちよかったですよー。

その方に感謝すら感じました。

 

周りからみたら同じことが起こっているだけです。

 

杖をついた男性が来て、私が席を譲った

 

それだけです。

今回は私はとても穏やかでした。

穏やかなので穏やかに席を譲れて

相手と一瞬ですが

おだやかにコミュニケーションをとれたのです。

本当にシンプル。

 

人はいろいろな面を持っています。

どの面を見せてくれるかは自分次第だということです。

 

無意識だとわかりません。

ええ~??ってなりますよね。

こんな状況望んでいないって。そうなったら

 

ちょっと、自分を意識してみてください。

 

すべて自分だと腑に落ちてきます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です