【日常でできる】感覚を使った右脳トレーニング。

スポンサードリンク




 

感覚って、特別なものではないんです。

そして、実生活で使えて初めて意味があります。

 

なので、最も簡単に、特に何か道具もなく、

”自分の感覚を”確かめてもらえればと思います。

 

僕も、お気に入りの八百屋さんで毎回しています。

その八百屋さん、市場から直送なので、野菜の色・パワーがスーパーに比べると段違いなんです。

空いているのが、月・木・土だけというのも面白いですね〜♪

 

 

話を戻します。

自分の感覚を信じるためには、何度も確かめる必要があります。

 

今まで習ってなかった、

むしろ、「おかしい」って思われてるので、忘れてしまっていることが多いのです。

それを思い出してみてくださいね。

 

先ほど、八百屋さんの話をしました。

僕は、その八百屋さんで、毎回こんなことをしています。

 

玉ねぎがたくさん積まれている箱を目の前にしました。

 

僕:

「ね〜ね〜、アナタたちの中でどれが1番美味しい???」(心の中で。笑)

 

玉ねぎの中の1個:

「私!!!」

 

僕は、それを選びます。

 

僕の感覚は、「私!!!」と言った(感じた)玉ねぎに目がいく感覚です。

それが光って見える感じです。

(実際にピッカーンて光らないですよ。笑)

これをどんな野菜にもします。白菜、なす、キャベツ・・・・全部聞いていくのです。

(聞かないと答えてくれないので、聞いてみてくださいね。)

 

無意識に選ぶのと、きちんと聞く(その野菜だけにフォーカスする)のとでは、全然違います。

そうやって野菜を買って、家に帰ります。

 

次は、その野菜が本当に美味しいかどうかです。

それは料理をしてみないとわかりませんので、料理をします。

どんな味がするか、楽しみですね〜〜♪

 

美味しいか、微妙だったか。

それがある意味答え合わせみたいなものです。

もし、微妙であっても、「アナタ、私を騙すのがうまかったのね。」くらいにしてくださいね。

 

間違っても、

「ああ、微妙だった。私の感覚はまだまだなんだ・・・」

「なんで、私を騙したのよ!!」

って、対立のエネルギーを出さないでください。

 

自分の出したエネルギーは、自分に返ってきます。

対立のエネルギーを出せば、対立のエネルギーが返ってきます。

これの最たる例は、ケンカです。大きくなれば、戦争です。

 

だから、対立を出すのではなく、

「この野菜を選んだ時は、こんな感じで選んだから、次はこうしてみよう!」

というように、考えを変えてみてくださいね。

 

 

「まだまだ」という感情は、その能力に蓋をし続けるようなものです。

だから、「できた!」という思考に変えていてください。

 

「ここまではできた。だから、次は・・・・」

と、野菜を使って、どんどん楽しく感覚を思い出していってくださいね。

 

あんまり考えすぎないように注意してください〜!笑

 

 

野菜が美味しいと、野菜ばっかり食べるようになります。

もともと、お肉が大好きだったんですが、

今ではほとんどお肉を食べません。

美味しいものは、好き嫌いを超えてきますね〜!

 

でも・・・

きゅうりだけは、やっぱり食べられません・・・笑

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です