ザ・大感謝デー for 父のはずが私。

スポンサードリンク




今日は私に対する大感謝デーになりました。

 

お世話になりっぱなしの父へ

(旅行の時に犬を預かってもらったり、

私が仕事や飲み会で遅くなる時に子どもたちを

お泊りさせてくれたりと

70過ぎてもフットワークが軽くて

私にとってはこの次元に存在してくれるだけで

感謝してもしきれない父親です。)

お礼をしたくて

父と娘と私の三人で

私が食べたい鰻丼を食べに

お昼は鰻屋さんへ行きました。

(父親の希望じゃないんかい。笑)

 

父と二人で何度も通った鰻屋さん。

鰻の焼き加減が絶妙に私好みで、

お吸い物も最高においしいです。

何をしたらこんなにおいしいものが作り出せるんだろ。

何度食べても感動します。

 

鰻をおなかいっぱい食べた後は

実家でのんびりしました。

 

父親と娘と三人でテレビを見てゲラゲラ笑ったり、

本を読んだり、

昼寝もいっぱいさせてもらえました。

ひとしきりのんびりした後、

 

実家の洗面所に立った時、

鏡を見ました。

顔が映るだけの小さい鏡なのですが、

結婚前まで身だしなみのために毎日覗いた鏡です。

そこに映った自分。

時の流れを感じさせはしますが、

やっぱりどの鏡よりも

私を良く見せてくれるんです。

 

私のことをひいきにしてくれて

鏡からは私に対して気遣いすら感じます。

おかえり。そう言われているようでした。

 

父に感謝するはずが

結局のところ

私が一番に満たされた一日でした。

おかげでいつも以上にとってもいい感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡が励ましてくれたことだし、

心を入れ替えて

アンチエイジングでも頑張ろうかしら。笑

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鈴木 裕子

本当はもっとのんびりしたい。 もっと楽に楽しく生活したい。 でもどうしたらいいのかわからず模索していたところ、引き寄せの法則に出会う。 それから思考や宇宙のエネルギーなど興味が広がり、ご機嫌に生きる方法を実践できるようになる。