思考が現実化した具体例!お風呂を温泉にしてみよう計画。

スポンサードリンク




〈 思考が先、現実があと 〉とよく言いますが、

それをちょっと詳しくお話していきます。

 

まずは、思考から始まります。

今回であれば、テーマ名からわかるように「お風呂を温泉にしたい!」という思考です。

 

これが始まりです。

大きなざっくりした目的を思い描きます。

 

じゃあ、次は何をするかというと、

その目標に向かって行動を起こします。

 

「温泉にするにはどうすればいいのか??」をネットなどで調べます。

そうすると、「炭風呂」というキーワードにたどり着きました。

「炭風呂に使う炭は備長炭、竹炭のどれがいいのか??」

「はたまた普通の炭はダメなの??」

「値段もホームセンターの炭が安いし、どうなのかな??」

という思考から、炭についてを比べたり調べたりしていきます。

 

そうすると、

「どうも竹炭がいいらしい・・・」という結論にたどり着きます。

 

そして、アマゾンで竹炭をポチッと購入。

(今はアマゾンで買えてしまいますので、お店を探さなくてよくなりました)

竹炭が届くまでには、その竹炭を入れる洗濯ネットを100均で買いました。

 

竹炭が届いたら、早速、洗濯ネットにいれ・・・

「何グラム入れればいいんだろ??」

これも調べてグラムがわかったので、その量の竹炭をいれて、お風呂にジャボーン。

 

ここでまた思考が動きます。

「どれくらいの時間入れればいい??」

 

調べてみると、30分程度・・・

じゃあ、とりあえずこれくらい待てばいいか。

お風呂に入れて30分後・・・・

 

「さあお風呂に入ろう♪」と、ガチャ。

お風呂に入ったら、匂いがどこかの温泉施設で嗅いだ匂い!

 

これはもしや・・・・

早速、入ると・・・

 

温泉になっていましたとさ。

 

 

これも思考の現実化です。

 

思考して、

行動して、

現実化して、

思考して、

行動して、

現実化するんです。

 

これ、アナタも日常でしていませんか???笑

 

〈 思考が先、現実があと 〉

今回の例が、これの説明になったかなと思います。

 

意識してみると、

毎日当たり前にしていることがわかってきます。

それがわかれば使いこなすこともできます。

 

ぜひ、意識してみてください。

 

そしてもし、何か達成したい目標があるなら、

今回の例を自分のテーマに変えて考えてみてくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です