いつものことをやりたくないと思ったとき

スポンサードリンク




ごきげんを選ぶことを意識すると、

何かをしなくてはいけないとき、

しなくてはいけないという感覚がいつの間にか

なくなってきます。

 

あれ?この前まで嫌だったことがなんともなくなっている~~

と気づくことがあります。

 

 

例えばお料理、

私はずーっと義務でお料理をしていました。

理由は家族の健康のため

 

いっぱい勉強しました(笑)

そして、実験台は家族ですね。徹底的にやりましたよ。(今だから笑えます)

そしてもちろん自分の意図する変化もありました。

でも、同時に抱え込んでしまったのです。

 

違和感を、、、、

 

 

 

「なんかちがう、、、、、」

 

って、何が違うのかその時はわかりませんでした。でも心は違和感だらけでした。

そこだけは自分を信じました。

いろいろ模索しました。それも経験ですね。

 

 

そしてこの「かるーく楽しくごきげん」という価値感に出会いました。

 

そして、いろんな場面でごきげんを優先してみました。

やりたくないなーと思ったら

ゆっくり座ってお茶を飲んだり、音楽を聴いたり、

すると、

ふっと、

そうだ!夕飯の用意しよーーーーーーって

なるのです。それもいいタイミングで。

そしてごきげんにお料理がはかどるのです。

 

もちろんそうじゃないときもあります。

そのときはあえてやると決めるか

やらずにほかの方法がないか探します。

 

そしてわかりました。私ってお料理が好きなんだ!って

 

やらなくてはいけないことが頭いっぱいに広がっていた時には思いつきもしませんでした。

 

 

ごきげんを少しずつ叶えていくと本当の自分が見えてきますよ。

 

そして今だからわかります。

ごきげんに作った料理はおいしいのです。

それは自然と伝染します。

 

やりたくないなーと思ったら

一呼吸おいて

聞いてみてください。

 

 

 

私のごきげんはなあに?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です