役割に疲れたら 

スポンサードリンク




この度(笑)

 

 

私は自分で作っていた母という役割の鎧を脱ぎました。

 

娘が4日ほど帰省しています。

もう結婚していてパートナーが単身赴任でいないのでちょっと帰りたいということでした。

仕事をしているのでうちからの出勤です。

 

その時、ざわざわと心が騒ぎました。

あんまりすごいのでちょっとびっくり。

ゆっくり深呼吸。

 

過去の子育て中の私のエネルギーにいっきに共振した感じでした。

 

それは、ごきげんではなかったのですね。

でも自分で決めたことだと今ならわかります。

ならば、変えるのも自分です。

 

違和感が出たということはそれを変えるチャンスです!!!

 

親が上、子供が下ではなく

依存でもなく、

本当の意味での尊重ができるなーーーって確信です。

 

 

帰ってきた娘は、今までと同じように無意識に甘えてきます。

何でもやってくれるものと思って。

 

でも、私はひきません(笑)

小さな罪悪感がふとよぎりますが、嫌なことはしません。

ちゃっちゃと手放して自分に戻ります。

過去を細かく見直す必要もありません。

 

でも、随所で娘の動向が無意識に気になります(笑)

もう大人なのに、、、、、、じぶんでもびっくりです。

 

 

私ってこんなに子供たちにエネルギーを流していたのね。

そりゃ、しんどかっただろうなーー

 

ということで

 

そのエネルギーは流すのや~~めた!!!

 

 

とかるーく決めて

ちゃっちゃと自分のごきげんに戻りました。

 

 

きっと、どんどん関係性が変化していくでしょうね。

すごく楽しみです(^^♪

 

 

子供が小さくても大きくても関係ありませんよ。

子供も大人もありません。みんな同じです。

 

いつからでも大丈夫!

 

なんか子育てがごきげんじゃないなーと思ったら

人間関係に疲れたなーと思ったら

 

世間でいう何かの役割の鎧をかぶっていないか

 

ちょっと自分に聞いてみてください。

 

そして気が付いたら

 

深く考えず、どんなふうになりたいか

かるーくオーダーして

 

自分のごきげんに戻りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です